(愛猫)コジロウが逝ってしまいました(6)

 猫に未来はない。猫は将来を予測したりすることはできないと言われているが、それでは過去の記憶はあるのだろうか。そうだね、きっとコジロウは記憶して忘れていないだろうね。
 家族と過ごした、ムサシとすごした、少し迷惑だったが、ハナやコテツと過ごした日々のことを、きっと覚えているのだろうね。
画像

画像

画像

 俺も決して忘れたりはしないよ。俺に猫アレルギーを克服させてくれたコジロウ、君のことはいつまでも、いつまでも、忘れないよ。
 今日はこれから池袋へ行って、コジロウのお葬式だ。
 最後の別れをしなければならない。
 しっかりと見送ることにしよう。
 こうして思い出を綴って行く内に、俺の心は少しずつ安らいで行っている気がする。
 コジロウ、たくさんの思い出をありがとう。安らかに眠ってください。
 また、いつの日か、どこかで俺の手に飛び掛って来いよ。
 これからも俺は思いのままに精一杯、コジロウのように生き抜きたいと思っている。
 いずれ機会があれば、コジロウ、お前の話を書きたいな。
画像


 終わり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック