十五 強制送還(16)

 ホアホアは不法残留容疑で違反調査を受けて、口頭審理の請求も異議の申し出もすることなく、違反審査の認定に服し、収容されて三日後には退去強制令書が発付された。
 中国人グループの者たちも、不法入国や不法残留容疑で取り調べを受け、それぞれあっという間に退去強制令書が発付された。
 後は帰国する航空便を確保して、強制送還するばかりとなった段階で問題が生じた。
 ホアホアを殺そうとした中国人グループと、同一便で送還するのはやめてくれというのだった。
 しかもそれが陳美蘭からの強硬な申し出だったから、退去強制令書を執行する係の誰もが不審感を抱いたのだ。
 離婚して日本人と再婚した陳美蘭も、再婚は偽装でホアホアと切れてはいないのではないかと考えたのだった。
 花村もその点では同じ考えだったが、偽装婚の疑いは確証を得ることもできず、また、刑事事件にでもならなければ、取り消しや不許可にすることもできないから、今はホアホアを速やかに送還することが、事件を集結させる唯一の方策だと考えていた。


 続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック