偽装結婚について考える(10)

 女はそこに住んでいないということになると、固定電話が置かれている所が違うのではないかと考えた。
 電話会社に申告してきた居住地の固定電話の設置場所を紹介してみると、当該の電話番号は申告してきた住所になっていた。
 それでは電話に応答した後、すぐに外出し、戻ってきたということか?
 そう思いを巡らせ始めた時、電話会社のオペレーターが妙なことを言うのだった。
「この電話、転送されていますね」
 かかってきた電話を、離れた別の場所で受けることができるようなサービスが電話の転送だ。
 固定電話はそのサービスを受けて、池尻大橋のマンションに転送されているというのだった。
 そこで、はたと、思い至ったのが長い呼び出しの後に、急に電話に応答したことだった。転送されるまでにかなりの呼び出し回数が必要だったのだ。
 これで間違いなく申告先の住所地に居住していないことがはっきりした。
 後は、転送先に居住していることを現認するとともに、そこで誰と同居しているかを確認することが必要だった。

 続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック