偽装結婚について考える(14)

 男は直ぐに状況を理解したようだった。二人の男を従えて、俺の方に向かってくる。
 緊張の一瞬かと思ったが、意外に俺は落ち着いていた。この男が部屋にいなくて良かった。そんなことを考えていたのだから、室内で揉めるようなことだけは避けたかったからだ。
 何しろ打ち込みの時は、あのように言って準備のできていない被摘発者を言いくるめたが、感心できるような手段ではなかったからだ。
 俺はどうも確実性よりは、すれすれのギャンブルのような行動をとることが多い。それによって失敗したこともあるが、いくつになってもそれは変わらないらしい。
 男は俺の面前に到着すると、女の方を見ることなく、「駄目ですか?」と言うのだった。
 俺より十歳は年上で、その筋の男としては丁寧な物腰だった。
 状況を咄嗟に判断して、諦めたのだろう。入管の手続きは諦めた方が負けなのだ。
 ポマードでベッタリと撫で付けられた頭髪の男に、「ああ、観念して下さい。このまま連れて行きます。貴方からも話が聞きたいから、後で入管まで来て下さい。身の回りの品は、ある程度用意したみたいですが、何か差し入れるのであれば、それも持ってきて下さい」と言った。
 その時、女と男は偽装を認め、強制送還されることと決したのだった。

 続く




ルアー エギング フィッシング 釣り 3WAY バッグ (茶)
OUTDOORA

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ルアー エギング フィッシング 釣り 3WAY バッグ (茶) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック