何故、ゴーン被告に旅券を渡したのだろう?

 ゴーン被告が旅券を入手した経緯は、それまで在留資格「経営・管理」の在留資格で在留していたところ、解任されたことにより、中長期在留者でなくなったことから、それまで交付されていた在留カードを所持できなくなったことで、身分を証明するものが旅券だけとなったので、それを所持させて欲しいと弁護士を介して裁判所に要請したものだと考える。
 確かに日本に滞在している外国人は、司法官憲や入国管理局の職員等から求められたら、旅券または在留カードを提示しなければならないものとされているから、その要請は理に適ったもののように思えるが、国外逃亡の恐れがあった被告の状況を鑑みれば、いくら鍵のかかった透明なプラスティック容器に入れたものとは言え、旅券をを所持させることにしたのはおかしいことのように思うのだ。
 そもそも容器に入れられた旅券では提示することはできないし、誰もがその顔を見ればゴーン被告だとわかるのだから、あえて職質する者もいないだろうし、逃亡に供される恐れと実際には使えない身分証明書代わりの旅券所持を認めたことには、単純に納得できないものがあるのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント