アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
小説家久保一郎の独り言
ブログ紹介
 初めまして小説家で行政書士の久保一郎です。
 現代人文社から「入国警備官物語(偽造旅券の謎)」を、文芸社から「空白の記憶」を、それぞれ出版しています。
 そうです、法務省入国管理局の職員、外国人法違反者の取り締まりをする入管Gメンの話です。ミステリータッチで入管のことに興味がある人も、ない人も、ともに面白く読んでいただけると思っています。是非読んでください。巻末に写真も入れておきましたので、御覧になってください。
 

 また「敢えて火中の」と題する主人公の最後の事件の話を書き上げており、既にこのブログに掲載しています。是非とも御一読くださいますよう、お願いします。 

 今は中国人の偽装結婚や犯罪の話を、毎日少しずつですが、日中に書き進めるとともに、日本人男性とフィリピン人女性の悲恋にまつわる悲劇について、重国籍を持つことになった日本人の男が、ある大きな事故の謎を解明するために奔走すると言った内容の構想などを練り上げています。

 空白の記憶の直接販売の受付を開始いたします。
 「空白の記憶」は現在、既に市場に配布されているもの以外は、手に入れることが出来なくなりました。
 そこで私の手元にあるものを販売したいと思います。販売価格は本体の1、700円(税抜き)を1,000円に、送付する際に使用するエクスパック代金の500円を加えた1,500円で販売します。
 署名入りで発送いたしますので、ご理解ください。
 十冊以上まとめてのご購入については、送料は無料といたします。
 私の署名は表扉に署名と花押、日時を入れることにします。
 ご注文は、ichiro-oni.3794@jcom.home.ne.jpまたはjing.k3794@gmail.comに ご住所、お名前、電話番号、空白の記憶希望とお書きの上、メールにてお申し込みください。
 折り返し、私の住所、振込み口座をお知らせしますので、代金を現金で送付していただくか、口座へ振り込んで頂きましたら、一両日中には発送いたします。
 本日より申し込みの受付を開始いたしますので、よろしくお願いいたします。
 では、購入申し込みお待ちしています。


  また、入管手続に関するコンサルタントや申請取次ぎもしていますので、外国人の渉外手続や、入管手続にお困りの方、それに関係する法律家の方のご相談もお受けしています。 
 入管法関係の講演なども随時お引き受けいたしておりますので、どうぞお声を掛けてください。こんな内容の話を聞きたいという具体的なご依頼でも結構ですし、対象となる方の様子をお知らせくだされば、こちらで案を作ってお話ししたいと思います。 

  行政書士登録しましたので、これからはより積極的に渉外法務関係の手続きのお手伝いができると思います。
 どうぞお気軽にメールや電話(090-2748-9221)でご質問、ご相談、講演のご依頼をお寄せください。 申請手続きや指導、講演会をお引き受けした場合の料金や報酬については、事前に、詳細にお知らせしていますので、ご安心を。
 拙著をご購入くださった方は、その旨お知らせくだされば、ご優待いたします。
 ホームページで料金等の詳細をお伝えしていましたが、閉鎖となってしまいましたので、(2017年5月12日)ブログにて料金等の詳細をお知らせすることとしました。
 では、よろしく

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
日本人の同性パートナーに在留特別許可
 在留特別許可、それは入管法に違反している外国人に、その置かれている状況に応じて、本来は在留が認められない者に対して、人道上の救済措置として与えられるものである。  これまでは日本人や永住者等を配偶者としている者乃至は日本人等の実子を養育している等の人道上の配慮が必要な者に対して、在留が特別に許可されてきた。  それが同性のパートナーを有していることを鑑みて許可されたものである。これは社会がLGBTに対して一定の認容を与えてきていることを考えても、今回の入国管理局の決定は画期的なものであると... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/23 12:26
留学生の集団失踪について考える
 ニュースでちら見しただけなので、正確性に欠けるかもしれないが、福祉系の大学の研究生が集団で疾走したとのこと、俺はその時、かつて合った酒田短期大学の事件を思い起こした。  学生数の減少に対処するために、ブローカーのような日本人男性を理事長に迎えた酒田短期大学が、大幅に外国人の留学生を迎えたが、地方の大学で学生たちのアルバイト先がないことから、学生たちが学校を離れ首都圏に移動し、留学条件を満たすことができない状況になった。  窮余の一策として、大学側は東京都内にサテライト校舎を設置し、視聴覚授... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/20 13:01
明日、2月12日放送のTBS「あさチャン!」の収録に行ってきました。
 成田空港のベトナム人の逃走事件についての解説です。  興味のある方は、是非、見てください。色々とたくさん話しましたが、どれだけ採用されたのかは、俺にとっても明日の放送までのお楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/11 20:55
明けましておめでとうございます2019
 明けましておめでとうございます。今年もブログから、新年のご挨拶をさせていただきます。  本年も、体調管理に気をつけて、仕事、審判、そして意欲が湧かなかった創作活動にも取り掛かろうと思っています。  年賀状を出さなくなって久しいですが、それでも年賀状をくださる兵庫県の北川隆司さん、神奈川県の有馬義信さん、本当にありがとうございます。  昨年は公私共に色々なことがあり、浮き沈みの激しい一年でしたが、幸いにも健康診断の結果は頭の先から足の爪先まで異常なく、メタボ診断にもかからなくなりましたので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/01 09:37
今年の締めくくりに
 早いもので、明日はもう、大晦日。今年は公私共に色々なことがあった。善きことも、悪きこともあった。  最近、「何か良いことがないかなあ」が口癖になっている俺、気を付けなければならないかな。  そろそろ創作活動も始めなければならないと思っている。とにかく意欲が湧かないことには、どうしようもない。  来年に向けて、今年の反省と気持ちのバネを限界まで押し矯めて、来年は飛躍の年としよう。  今年一年、お世話になった人、助けてもらった人、力を与えてくれた人、面倒をかけられた人、約束を守らず困惑させ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/30 11:16
年末に思うこと
 今年も残すところ一週間となった。色々なことがあった一年の締めくくりに、少し振り返り見るのも悪くはないか。  やり残したことはないだろうか?あるある、結果が出ていない案件や、振り込まれていない報酬もある。  新たな年に持ち越したくはないが、こればかりは相手次第と来ているから、しょうがないかな。  取り敢えずは、思いを残すことなく、自分のできること、したいことを大晦日までにしておこうと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/23 11:24
六年前の事案
 今日、浦和で面談した案件は、六年前に相談を受けた案件だった。  複数回の入管法違反を犯して在留しているもので、すこぶる悪い状況の外国人だ。六年前には、少し考えてみると言っていたのが、昨日、突然、、面談の申込みをしてきた。  状況は六年前と何ら変わらないのだが、今回は自分の人生をかけてみるつもりのようだ。  その覚悟が本物なら、俺としては受任しようと思っている。何しろ滅多にない面白い(失礼)込み入った案件なのだから、、、  あとは、依頼するとの申し入れを待つだけだ。腕が鳴るね! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/09 15:59
外国人労働者の受け入れについて考える(2)
 外国人労働者の受け入れ拡大のための出入国管理法の改正案に関連し、法務省は19日、受け入れ先の企業などから逃げ出した外国人技能実習生2870人への聞き取り調査の詳細を衆院法務委員会の理事らに示した。実習生の多くが月給を「10万円以下」、母国の送り出し機関に支払った額は「100万円以上」と回答しており、「国際貢献」をうたいながら「安価な労働力」として酷使されている実態の一端が浮かんだ。  調査は、昨年12月までに受け入れ先から失踪した後、不法滞在容疑で摘発され、強制退去手続きがされた実習生や元実... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/22 12:23
未だ100%の成功率、報酬未収受50%
 今日、三ヶ月弱待って、認定証明書が交付された。これで正規不正規案件の成功率は100%を続けている。  だが、報酬の収受率は50%というのはどういうことだ?  懇意にしている弁護士の言う通り、最初に仮払い、預かり等を考えなくてはならない状況なのかもしれない。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/22 12:22
外国人労働者の受け入れについて考える
 外国人労働者の受け入れ拡大に向けて、政府が来年4月の導入を目指している新たな制度の骨子が明らかになった。一定の技能水準と日本語能力を身につけた外国人を対象に、在留資格「特定技能」を新設し、熟練具合に応じて「1号」と「2号」に分ける内容で、より熟練した「2号」は家族帯同や長期滞在が認められるようになる。  就労目的の在留資格は現在、大学教授や弁護士などの「高度な専門人材」に限定している。新制度は建設や農業などの単純労働も対象としており、大きな転換となる。政府は12日に関係閣僚会議を開き、骨子を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/15 12:24
警備処遇中の事故について考える(9)
 不幸にして収容中に被収容者が負傷したり、死亡したり、看守勤務についている警備官が負傷する事故も起きていた。  俺の経験の中では、集団暴動事件の際に乱闘状態となって、制圧したときには気づかなかったが、その後、打撲や出血を伴う傷を負っていたこともあった。  事故の原因を後で精査検証すると、多くは本来制圧や説諭する方に油断があったと考えられるものが多い。  安易に単独で収容室に入り、鍵を奪われて逃走されそうになり、それを阻止するために騒擾状態となって制圧するために負傷したり、戒具を使用して説諭... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/01 12:57
警備処遇中の事故について考える(8)
 何のことはない、そこには床に正座した被収容者が映し出され、その前で説諭しているのであろう警備官がいた。  警備処遇上許されている革手錠や金属手錠を使用している場合は、警備官の配置に気をつけないと不慮の事故が起きかねないところ、戒具は使用しておらず、二人の警備官が前後に位置して、順々と諭している様子であった。  それで一先ずは安心した。説諭はMが行ったこともあって、短時間で終了した。 看守勤務の交代を待って、当該の警備官から監視カメラを帽子で覆った理由について問い質したところ、特に理由はな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/06 14:08
警備処遇中の事故について考える(7)
 それはこういうことだった。説諭のために連れ出した先の部屋には、室内が見渡せる監視カメラが設置してあった。連行した警備官はその監視カメラに自分が被っていた帽子を掛けたのだった。  それはそれから室内で起こる状況を、俺に見せたくないという意思表示であると考えた。  まさかとは思うが、取り返しのつかない事態が起こらないとも言えないと考えた俺は、側にいた副看守責任者である警守長を現場に急行させ、俺に見せられないようなことはするなと指示を出した。  副看守責任者のMは俺が信頼する入国警備官の一人で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/10 18:33
明日から韓国に行ってきます。
 休みなく仕事をしてきましたが、明日から9日間、リトルリーグの審判をするために、韓国の華城市に行ってきます。  この間は、受任している仕事からも離れて、ベースボール三昧の日々を過ごします。帰国後は、また仕事三昧にしますので、クライアントの皆様、しばしご寛恕を!  大体の道筋はつけてありますし、急な変化もないことを想定しての旅行です。  では、行ってきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/28 19:11
今夜、難民の話をします
今夜、九時から放送される、abemaTVのニュース番組「AbemaPrime」に生出演します。 よろしければ見てください。難民関係の話です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/20 17:18
警備処遇中の事故について考える(6)
 説諭、被収容者が規則を守らなかったり、指示に従わず抵抗したり、収容場内の秩序維持のために、別室などで説諭することがある。  そうした中で不幸にも死亡した事故が発生している。そうした事故に俺は直面したことはないが、一度、俺が係長として勤務していた時のことについて話をしよう。  その当時、収容場内はある国の収容者が多く、同国人が纏まることのないように分収しようにも、できない状況であった。そうした状況では、収容されている者同士の小競り合いや纏まったことによる騒擾状態が起こりやすくなり、収容場内は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/12 10:42
警備処遇中の事故について考える(5)
 事故処理は、救急隊に引き継いで終わりとなるのだったが、俺には未だ、やらねばならないことがあった。身柄を受け入れるに当たって、引き渡された状況に違和感を覚えたからだ。  朝の点呼を終えてから、それは俺の心の中にずっとわだかまっていた。  身柄を送り出した拘置所へ電話して、それははっきりとしたのだった。 「昨日、貴所から身柄受領した*****人*******についてお聞きしたいのですが、、、」俺の話が終わるまでもないその時、受話器の奥でハッと息を呑む音が聞こえたのだ。  やはり身柄受領した... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/22 12:00
警備処遇中の事故について考える(4)
 それは朝の点呼を終えて、収容場内がほっと一息ついている時に起こった。  非常ベルが鳴り響く中、俺は副看守責任者のMとともに、第一ボックス横の保護室に向かった。  そこには心臓マッサージとともに、マウストゥマウスを施している二名の入国警備官がいた。救急車の手配、上司への報告を終えた俺は、自損行為に及んだ被収容者の身柄が64条に基づく身柄受けであることに、違和感を覚えた。  入管に収容される前に、矯正施設等で収容されていた身柄なのだった。  そこからの事務連絡はなかったのだろうか?被収容者... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/19 09:42
警備処遇中の事故について考える(3)
 次に、収容中の外国人の縊死事件に遭遇したときには、警備係長になっていた。  不法残留事件で起訴され、執行猶予付きの判決を受けた外国人を収容したときのことだ。  入所手続き中から、奇声を発したり、ウロウロと動き出したり、挙動不審のその男を、当初雑居房に収容したが、同収者からの苦情が相次いだことから、保護房に収容することになった。  奇行を現す者を単独で収容するのは、基本的にはやりたくないのだが、俺が朝、出勤したときには既に保護房でその男はぶつぶつと独り言を繰り返しつぶやいていた。  見張... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/26 11:03
警備処遇中の事故について考える(2)
 俺が現職中に遭遇した警備処遇中の事故、縊死事案に二回遭遇している。  最初は反対番の処遇中に発生した在日韓国人の縊死事件だった。採用されたばかりの俺は、深夜に緊急召集がかかり何も分からず理解の範疇を超えた事態に困惑するばかりだった。 当時、採用されたばかりの俺には、彼が縊死するに至った事情は窺い知ることもできなかったが、十五分に一回の動しょうが三十分に一回になることもあった状況において、発見時の動しょう勤務がたまたま十五分間隔できっちりと行われていたにも関わらず、起こってしまったことは従... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/05 11:52

続きを見る

トップへ

月別リンク

小説家久保一郎の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる