(愛猫)コジロウが逝ってしまいました(1)

画像
画像

 2007年2月26日付けのブログで、行方不明になっていた(愛猫)コジロウが無事帰還した記事を掲載したが、そのコジロウが我が家の居間で息を引き取った。

 我が家の最初の(愛猫)コジロウが、昨晩、20時59分に俺と息子に看取られながら息を引き取った。十四年と六ヶ月、思いのままに生きて、駆け抜けた猫だった。
 掛かり付けの獣医によると、コジロウの腎臓は既に機能を果たさなくなっており、新年を迎えることができるかどうか微妙なところだという診断を受けていた。
 連日のように、皮下注射で給水とビタミンを補給して、化膿していて食事も満足に摂れない理由となっていた牙の抜歯を、水曜日に予定していての急逝だった。
 臨終に間に合わなかった妻と娘は、嘆き悲しみ、それでも外でひっそりと息を引き取ったのではないこと、昼間に食事を摂り、俺と息子だけだったとは言え、家族に看取られて旅立ったことは幸いだったのかも知れない。

 俺の家族は、犬のムサシとコジロウ、ハナ、コテツの三匹の猫を飼っていた。その中でもムサシとコジロウはともに十五年と十四年の歳月を俺たちと一緒に過ごしてきた大切な家族だった。
 これからしばらく、思い出を綴ることにする。俺の気持ちの整理をする為にも・・・・・。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック