十五 強制送還(5)

 様々な思惑と目的を持った集団が千葉県の工場を目指していた。
 ある集団は自分たちの犯した不正を隠蔽するために、また別の集団は外国人が犯した不正を暴き摘発するために、双方ともに国道十六号線をひた走っていた。
「コンピューターの解析にえらく時間がかかったが、居場所さえ判ればこっちのもんだ」
「そうだな、パムこと劉真栄がいないホアホアは少し知恵のある赤ん坊と一緒だ。捕まえさえすりゃあこっちのもんだな」
「兎に角、ショウナンというのが神奈川県ではなくて、千葉県にもあるというのが分かったのが大きいぞ」
「ああ、富樫の様子が可怪しかったのに気付いた林のお手柄だな」
「余計な話はもう良いだろう。何としてもホアホアを俺達の手の内に納めることが先決だ」
 そう言うとアクセルペダルを大きく踏み込んでワゴン車は常磐高速道を北に向かった。

 続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック