みなし再入国許可の罠(1)

 出国時に持っていた在留資格をそのまま維持して、再び日本に入国するには、以前は再入国許可を取ってから出国していたのだが、外国人登録制度から在留カード制度に変更されてからは、在留カードを持っている者は再入国許可を取得しないまま出国しても、出国時に持っていた在留資格及び在留期限をそのまま引き継いで再度、入国できるようになった。
 一見便利で負担が軽減されたように感じられるが、気を付けなければならないことがある。
 再入国許可を取得して出国した場合は、不測の事態があった時、再入国許可の延長という手段があるのだが、みなし再入国許可で出国した場合は、それができなくなるのだ。
 みなし再入国許可で出国し、一年以内に戻れなくなった場合は、再び在留資格認定証明書交付許可申請から始めなければならないのだ。

 続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック